アートスパークHD企業研究その3(4月月次と有価証券報告書が発表)

早くも4月月次が公表!

新規出荷本数

アートスパークHDから、世界の株価暴落中の5月13日午後に4月度月次が発表!前回からわずか2週間しか経過しておらず、多くの人がノーマークだったと思います。

この記事では、4月の月次を予測した研究記事の予測の結果と交えて紹介します。

これまでの研究記事はこちら

アートスパークHD企業研究その1~クリップスタジオ浸透で株価5000円へ~
アートスパークホールディングスが抱えるクリップスタジオのDL数を先取りし、業績と株価を予想しています。みんなで一緒にアートスパークホールディングスを応援しましょう!
アートスパークHD企業研究その2~1Q決算まとめ(クリサポ事業)~
2021年5月7日にアートスパークホールディングスの決算が発表!好業績の要因であるクリエイターサポート事業の業績を中期経営計画などの進捗率と合わせて確認します。

4月のクリスタ新規出荷数は49万本!

4月のクリップスタジオ新規出荷数は49万本。1月からの数値をキープしています。

 

私の予想は下記でした。

4月のApp版出荷数は約23万強で、3月を超える数値になることが予想されます。App版シェアをおおよそ40~50%と想定すると、月間の総出荷本数は40万~50万と予想できます。
出典:アートスパークHD企業研究その1~クリップスタジオ浸透で株価5000円へ~

40~50万本という予想値のほぼ上限という結果。的中!!本記事の最後に、5月の新規出荷本数状況もお届けしますね!

契約数進捗率

契約数は2020年1月を100%としたときの279%。前月比+13%の上昇でした。

表の見方を変えて、前年同月比契約伸長率を作成。

やや鈍化、といっても前年の2倍以上の成長。順調。来月以降も220%代をキープしてほしいですね!

売却したエイチアイの収益状況が判明!

新規搭載数が前月比260万台増加。これがどの程度業績に寄与するかは不明です。

5月発表の決算には、2021年2月に売却したエイチアイの業績が含まれており、カンデラ社単独の業績は判明していませんが・・・有価証券報告書にエイチアイの情報が記載されました!

売上高:72百万円
営業損失:10百万円

エイチアイ、営業損失が思ったより少ない。この数値を第一四半期のUIUX事業から削除。

売上高:300百万円
営業損失:123百万円

以上から、カンデラの1Q実績は下記になります。

売上高:300百万円ー72百万円=228百万円
営業損失:123百万円ー10百万円=113百万円

今後は上記数値を意識しながら、数値を追いかけていきたいと思います。

株価の進捗について

決算発表後に上昇も3,000円くらいで調整中。ボリンジャーバンド1σ~2σの中を動く、という予想をしておりましたので、ほぼ正解でした。

しかし、4月の月次が発表後、上場来高値を更新する予想はハズレ!ただし、更新には、ボリンジャー3σに到達する必要がありますので、、、少し日柄が足りませんでした。

現在、ボリンジャー2σは3250円あたりにいますので、早くても来週後半、遅くとも今月中には年初来高値を更新すると思います!

5月の新規出荷本数推移予想について

予測の元データとなるapp版の出荷本数は、5月中旬で4月よりやや良いくらいのペースです。最終的には前月同様の着地になるとみられ、5月の総新規出荷本数は過去平均の50万を予想します。

来週も更新する予定です!それでは!