【桜井和寿楽曲を管理?】ネクストーン定期観察【10月8日】

今週のネクストーン

今週のネクストーンは前週比+5円で終了。マザーズが2%以上の下落をした中で強いのか、もう下げ余地がないのか。とはいっても、一時2,922円まで下落していますからね。投げてしまった人もいるでしょう。

ただ気になるのは3,130円に窓が空いています。早く閉めてください!!

続いて週足チャート。今週はトンボ。下髭の方が長いですね。この辺りが下限ということでしょう。ただ、気になるのは上昇きっかけが見当たらないところ。ワクチンパスポートの実施など、ライブ開催の規模が拡大できるような世の中に戻ってほしいものです。次項では信用残高について記載します。

減らない信用買い残

信用買い残高の推移です。6月を底に増加トレンド形成中。7月頃が株価高値圏だったので、信用期日は年末。ちょっと気になる水準ではあります。

管理楽曲数

10月9日現在の管理楽曲数は251,175件。先週251,102件ですので「+73件」。期が変わったということもあり、いつもの低調なペースに逆戻りです。

AppleMUSICヒットチャートの管理楽曲状況

7週連続でback Numberが首位!新曲でラインクインはTWICEの「The Feels」。ネクストーン管理の藤井風さんが久しぶりのランクイン。

曲名アーティスト名Nextone管理
1水平線back Number
2ButterBTS
3Permission to danceBTS
4The FeelsTWICE
5Cry BabyOfficial髭男dism
6黄色backnumber
7ドライフラワー優里
8DynamiteBTS
9STAYザキッドラロイ
10シャッター優里
11きらり藤井 風
12YOKAZE変態紳士クラブ
13夜に駆けるYOASOBI
14怪物YOASOBI
15夜撫でるメノウAyase

藤井風さんの報道ステーション特集です。

横浜・日産スタジアムでコロナ禍を象徴する生配信ライブが行われました。ライブ・エンタテインメントに厳しい制限が続く中、当初はがまんの日々が続く人々を無料招待することを計画していました。しかし、第5波が拡大・・・無観客ライブに変更されました。

この人、凄いアーティストです。この人の楽曲を29曲も管理できるNextoneは素晴らしい!!

レコチョクシングルランキング(週間)

アップルミュージックでは、必ずしも新曲が上位にランクインするわけではないので、シングルウィークリーランキングも併せてチェックします。

曲名アーティスト名Nextone管理
1UNITEB’z
2黄色back Number
3大正浪漫YOASOBI
4水平線back Number
5My universecoldplay
6Cry BabyOfficial髭男dism
7東京協奏曲宮本浩次 × 櫻井和寿
8Ado
9ドライフラワー優里
10Permission to danceBTS

3曲の新曲がランクイン。なんと、「宮本浩次 × 櫻井和寿」の楽曲がネクストーン管理でした!!期待していなかったので焦りましたw

今週の音楽配信ニュース

ArtLedがプロモーション開始

ArtLed所属アーティストのプロモーションがスタート!看板なので、そんなに費用は描けていないと思います!一人でも多くのアーティストが、大空に羽ばたいてほしいですね!


私のお勧めアプリ

カビュウをご存じですか?私は日々の資産状況をカビュウでチェックし、Twitterにアップ!

私の考えるカビュウのいいところはこちら

  • 資産推移を視覚的に楽しめる
  • 無料で楽しめる
  • 複数の証券口座をまとめて管理

私は「視覚的」「無料」というところに惹かれて使っています。ぜひ無料のカビュウで資産の増減を一喜一憂しましょうw

私のお勧め情報源まとめ

高橋ダンが「自分以外の情報も聴け」ということで、お勧めの人を紹介します。

第1位 投資塾(Youtube)

まずは投資塾のYouさん。現役投資アドバイザーの知見を活かし、わかりやすく投資の必勝法を教えてくれます。動画の更新頻度は低めですが、ダンと違い、内容が濃いww(最近動画更新済み

手数料についてお話しした動画です。

第2位 モトリーフール(メルマガ)

米国株投資家な評価を得ている「モトリーフール」の無料メルマガです。情報を得にくい米国株式の決算をはじめ、投資にまつわる情報を日本語で入手できます。

楽天証券の「トウシル」でも人気になる記事の出元ですね!

SBI証券の米国株人気ランキングに顔を出す高配当銘柄「ベライゾン」の今後についてまとめられています。私の米国の保有株を見ていただければわかると思いますが、株価が上昇しないベライゾンの動向が気になっていました。

ベライゾン、AT&T(NYSE:T)、Tモバイル(NASDAQ:TMUS)の3社は現在、米国で5Gの寡占状態にあります。これらの企業が通信市場での地位を支えるために毎年何百億ドルもの設備投資を行っていることを考えると、今後新たな競合が出現すること考えにくいでしょう。

Tモバイルが出現した際は、過去数年間、ベライゾンの利益率は圧迫され、投資家にとっての魅力は低下していましたが、ベライゾンは、4Gの世界では選択肢になかった新しいビジネスラインの「Network-as-a-Service(NaaS)」を生み出しています。

内容を話すと怒られそうなのでw無料メルマガですのでご安心をw
暇つぶしには十分ですし、気になる銘柄の上方に出会えれば儲けものです。

第3位 シバタナオキの決算実況(Youtube&NOTE)

この人の有料NOTE「決算が読めるようになるノート」を購読するほどのファン。的確な決算分析と投資判断。内緒にしたいレベルです。

NOTEを買わなくても、Youtubeのみ(無料)で楽しめます!

説得力があるので株式を購入したくなり、お金がなくなるので3位とさせていただきましたw

国内成長株でメシウマ状態「マルオ投資」はこちら

持ち株が3倍に上がったり、ストップ安を連発で食らったりの波乱万丈を楽しみたい方はこちら

https://thelovebug.jp/?cat=70

高橋ダン式ライオン戦略による米国株投資はこちら

過去の「高橋ダン式ライオン戦略」資産推移をご覧になりたい方はこちら

https://thelovebug.jp/?cat=50

ブログランキング参加しています!

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ