【高橋ダン】米国株投資状況【10月31日】

資産状況

選挙を前に米国株も暴落。投資YoutuberであるYouさんも「ついに5%割れのタイミングがやってきた!」と声を上げる一方で「大統領選挙前という特殊状況なだけに1年分ではなく半年分くらいが妥当」ということも付け加えていました。

私もこの意見には賛成だったのですが・・・ダンの警鐘がまだ終わっていないことからちょっと待ったほうがいい?という形で動きが取れませんした。本来であれば機械的に買わないといけないのですけどね。

それではノーガード米国株の状況をチェックしたいと思います。

外国株の状況をチェック

サラリーマン投資家には短期のお金なんてないのだよ。ダン。アイデアが豊富過ぎて、長期より短期で回したほうがいいんじゃないか、と思うのは私だけでしょうか・・・というのは冗談です。

先週末11530.42ドルから11105.92ドルへ、マイナス400ドルです。円換算は辞めますw被害が大きいので。金銀シェア40%に近い関係で、このあたりが下がると収支が悪化してしまいます。早くインフレになってちょうだいw

唯一プラスだったクラウドストライクも暴落に巻き込まれてマイナス圏に突入。うーん。アメリカ株でも直撃ってのが・・・きついっす。比較的に被害が少ない気もします。もしかして暴落していない銘柄が買えているのか・・・?

ということで、銀行株や通信株を買い増していきたい(お金ない)と思う今日この頃でしたw

メシウマな日本株状況はこちら

【10月31日】サラリーマンの資産公開【続マザーズショック】
遂に23,000円を割れる暴落が訪れてしまいました。ボリンジャーバンドもマイナス3σまで到達しておりここで踏ん張れるかどうか・・・。とても大事な局面です。ダン高橋は10月に入り、毎日のように下落することへの警鐘を鳴らしていました。さ...
タイトルとURLをコピーしました