【11.8記入】オルトプラスの値動きを予想してみた-その2【ヒプマイ延期】

雑記

最新の見通しはこちら

【オルトプラス】これからの動きについて【11.23記入】
意外に強い!ゲーム延期後の値動き 一時的に630円前後まで下落しましたが、その後は800円近辺を推移しています。(一時的に850円前後まで上昇)。過去の予想では600円を一時的に割れると思っていましたので、この予想はハズレです。 ...

増担保解除・・・その後

予想通り増し担保解除、そして解除翌日は暴騰。

上がるとは思ったけど、まさかのストップ高。そして、その後の下落。

頭にあった外資の空売りが減らなかったこと。

11月8日のPTSではストップ安のオルトプラス。(759円)

一部掲示板ではIRからのメールがあるや、採用がどうたら、とか。ワラントが、とか。

事実かどうか、はさておき今後の戦略を考えていきましょう。

それでは直近の類似事例から見ていきます。

過去の配信遅延について

日本一ソフトの「ディスガイア」が近い事例だと思います。下記がそのチャート。

配信日が3月19日。その当日からサービス停止、オープンは11月末になりました。

2019年2月の事前開始以降もいつ配信が始まるかがわからない状況でした。

で、株価の動きに戻ります。

株価は2018年12月末頃から上昇を続け、事前が始まった2月から配信の3月まで一気に駆け上がり、配信中止で株価は暴落しました。

配信中止から半年後の2019年9月上旬に新しい配信スケジュールが発表され、2019年11月末に配信が決定になりました。

ですが、株価自体は2019年8月から上昇していることがわかります。

以上から、配信から3か月前から株価は動意づくことがわかります。

今後の動きを考える

事前開始日は12月、配信開始は3月下旬が発表されています。

9月下旬にゲームの発表されたとき、配信開始は12月、ということも明らかになっていました。この12月、というのは誰もが下旬から年末、と思っていたことでしょう。

相場は3か月前からスタートする、という認識で問題ないと思います。そうなると相場開始は12月下旬。つまりゴングの開始は事前登録になります。

いまは配信4か月前の状態です。今から買うのは早すぎる結論です。

私の予想(11月)

今月は新しいニュースが明らかになることはないため、ジリ下げになることが予想されます。

700円割れは確実、そして600円を割り込む可能性すらあると思っています

ですので塩漬けにするくらいなら、少しでも早く処分することをおすすめし

11月11日(月)759円(ストップ安張り付き) ここは避けられないです。

11月12日(火)いったん700円位で寄るかな、と思います。この辺りは出来高の多いところです。

11月14日(木)決算発表

ここでワラント等が発表されない、ということは約束ができません。さらにゲームに関する情報が明らかになることもありません。クソ決算が淡々と発表されることでしょう。

11月15日(金)おそらく650円位になっていると思います。

11月27日(水)新CD発表

2019年12月~3月までのスケジュール

12月25日(水) イケブクロ・ディビジョン

1月29日(水)ヨコハマ・ディビジョン

2月26日(水)シブヤ・ディビジョン

3月25日(水)シンジュク・ディビジョン

3月28日(土)、29日(日)ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE

3月下旬 ゲーム配信。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました