【高橋ダン】米国株投資状況【新積立ポートフォリオ12月7日】

資産状況

久しぶりの更新です。大統領選挙以降、米国株はとても強いですね!このままクリスマスラリーに突入するのか・・・。それともテスラのSP500組み入れで何かショックが起きるのか?

それでは久しぶりに私のポートフォリオと、ダンの新刊や最近の動画から新規組み入れ銘柄(積立)を紹介していきたいと思います。

外国株の状況をチェック

11月7日時点で「マイナス70ドル」でしたが、「プラス751ドル」まで上昇しました。

更新をサボっていた11月に、「インターリアルエスタート(リートETF)」「GOOD RXホールディングス」「IEF(債権のETF)」を新規で購入しました。リートと債券はダンがお勧めしていたので買いました。

「GOOD RX」は、IPOは初値で上昇した後に下がり株価を回復する傾向があるようなので、買ってみました。パランティアの株価を見てください。

約10ドルで購入したものが、一時的に30ドルを超えました。3倍ですよ。こういうことが起こることを期待しているわけです。

あとは高値掴みをしている「ゴールド」と「シルバー」が上がってくれれば最高です。

新しい積み立て銘柄について(2020年12月~)

ダンの動画から「新興国(VWO)」「先進国(VEA)」「オーストラリア(EPP)」「ゴールド」「シルバー」「リート」「大麻関連(クロノス・ティルレイ)」の積立を決めました。今月からスタートします。また、個人的に期待している「オンラインゲーム(HERO)」も積立てます。その他、債券など不足している部分はLINEスマート投資で補います。

ダンが否定するロボアドバイザー。手数料が高いことなどはよくわかります。ただ、ダンが勧めるものを全て購入することは資産的に困難です。※債権ETFは100ドル以上することから、ダンの積立比率を維持するには毎月20万円以上必要です。。。

海外口座を開けっていいますけど、取引までのアクセスが悪すぎる。出来るものを組み合わせながら、資産運用していきたいと思います(上記で約500ドルになります)。

毎月ドルを買うことで円高になった際のヘッジにもなると思います。

さぁこれでお金持ちになれるか・・・wwまた結果を報告しますね!

タイトルとURLをコピーしました