【情報統制?】ジャニー喜多川社長訃報は情報統制ではない

雑記

マスコミ各社が23時30分に一斉に報道した。これを受けて「情報統制」と騒いでいます。

ジャニーズ事務所、ジャニー喜多川さん死去で事務所の力を見せつける情報統制 : 市況かぶ全力2階建
11時半に一斉に速報が出る模様です。— 沖田 臥竜/おきた がりょう (@pinlkiai) 2019年7月9日すれ違いざまに「ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)くも膜下出血のため死去」と耳元で囁いてくる高木さん— はばキツ (@foxnumber6) 2019年7月9日ネットメディアも含め、

違います。PRの世界では情報公開時間を設定するのは日常茶飯事。ジャニーズだけ特別扱いしているわけでもありません。

私が所属していた企業のタレントが出演するCMリリースでも、マスコミ各社に対して「翌日朝4時解禁」という但し書きの元、前日の夕方には情報提供をしていました。

「翌日朝4時解禁」の理由は「朝刊が配達される時間」を想定しています。少し早めに提供することで、新聞記事やテレビ番組に取り上げてもらう準備をしてもらいます。

※記事の露出してもらうよう、情報源が各社にお願いをすることも普通です。

情報の扱い方はマスコミ次第

さて、情報というボールが投げられたマスコミ各社。ただ、記事の掲載、番組放映するかどうかはマスコミ側に委ねられます。もちろん、どのように扱うかもマスコミ次第です。

今回のニュースはマスコミ各社がまるで特番のように取り上げていましたが、ほかの情報では「取り上げない」ことも多数あります。いや、取り上げないことが一般的かもしれません。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました