【高橋ダン】米国株投資状況【初配当の11月7日】

お金のこと

大統領選挙前日から米国株は暴騰を開始。26週移動平均線できれいに反発。最高値付近まで戻ってきました。ダンの言う通り、アルゴが目標にしているラインというのが本当にあるんでしょう・・・。

SP500指数は先週末-5%に到達したときが底でしたが・・・。そこから10%も上昇しました。何も考えずに購入しておけばよかった。勉強になりました。市場の空気に騙されずに淡々と買う精神力が市場で生き残るには必要ですね。

果たして私の持ち株に恩恵はあったのか?チェックしていきます。

外国株の状況をチェック

今週、ダンはDo Nothingを繰り返していました。今取引するのはギャンブル。そういい続けていました。はい、私もお金が無いのでちょうどDoNothingですよ。

先週末11105.92ドルから11634.99ドルへ、プラス500ドルでした。円換算は・・・見ないことにしています。なぜなら超円高だからw

鉄壁と思われた104円を一気に通り抜け103円台前半まで駆け下りていきました。どうなっているのか?円高だと資産が増えない・・・これが米国株の悪いところです。この円高って大チャンスな気もするのですが。

高橋ダンは円高傾向が続くということを想定しており、ドル資産を増やすことに対して懐疑的。ですのでお金もないことですしこのままにしていきたいと思います。

今週は初めて米国株で配当をいただくことができました!配当基準日から約1か月後に入金された形になります。

35ドル程度ですが・・・いや~3か月に一回もらえるのであればうれしい。そりゃ、三菱サラリーマンさんも配当生活を辞められないですよね。これが年4回あれば、貯めるやる気も出ますね。

もらった配当は再投資!って感じで何かを買いたいと思います。

それでは来週も株価が上昇しますように!!

復調気配の日本株状況はこちら

【11月7日】サラリーマンの資産公開【高値奪還も資産状況は】
先週末は23,000円を割れていたと思ったら24,000円超えですか。大統領選が一息ついたことで株価は大幅上昇。上がった理由は謎です。バイデンが買ったから、トランプが優勢だったから、理由は後付け。とにかく強い。 わがマ...
タイトルとURLをコピーしました