高橋ダン動画まとめ【MACDの使い方】

高橋ダン投資法

高橋ダンが多用するMACD。どのツールでも扱っているポピュラーなテクニカル。この使い方を紹介しています。

MACDの分析方法

投資の分析手法は2つに大きく分けられる。1つはファンダメンタル。情報を使って分析する。もう一つはテクニカル。チャートを使って予測する。

ファンダメンタルは長期的。1年以上の時に使われる。テクニカルはもっと短期的に使われる。ダンはテクニカルが好き。なぜなら1000人見たら1000通りの見方がある。差がつきやすい。逆にファンダメンタルは情報が流通している現代で、差がつきにくいと考えている。

ではMACDとは何か?これはテクニカルの分析の一つ。日本語では「移動平均収束拡散手法」という。MACDは短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断する手法。新しいデータを重要視している。2つの線が交差する時、トレンドが変化することを表す。

チャートはニューヨークダウ平均の推移。

最もシンプルなMACDは12、26、9で設定している。ダンは6,13,4で設定している。なぜならもっと早く動くから。早くトレンドをキャッチできると判断している。

2つの線がクロスする時トレンドが発生している。紫のラインが青のラインを超えたとき、NYダウも上昇のトレンドが発生している。

ぜひ、色々なチャートでMACDを試してほしいと思う。

私見を話す

ダンはアメリカ市場に対して短期的に悲観的な見方をしている。それはMACDの傾向も含まれているだろう。トレンドは低下傾向にあるだけでなく、上値を切り下げている状態ともいえる。ダウのチャートも「ダブルトップ」と指摘している。

MACDの形状とダウ平均の動きが一致している=MACDが機能しているともいえる。今後の動きを眺めていきたい。

タイトルとURLをコピーしました